女性の悩みを軽減、ピル服用で安心

女性の悩みを軽減、ピル服用で安心

ピルについての基礎知識

ピルは、経口避妊薬と呼ばれる女性ホルモン剤で、避妊を目的に用いられることの多い薬です。避妊目的以外に「生理の周期変更」「生理にともなう症状の緩和」「子宮内膜症」の治療などに使用されます。また、緊急を要する避妊、ニキビの改善などの目的で使用される場合もあります。
 
通常の避妊目的の服用では、低容量ピルを服用します。毎日、規則的に服用する必要があり、正しく服用を続ければ、妊娠の確率は0.3%というわずかな数字になります。
 
避妊のためのピル服用法(低用量ピル)
避妊を目的としてピルを服用しようとする場合は、医師の診察を受ける必要があります。医師と話し合いの上、どのタイプの薬が合うかどうかなど、健康状態を考えて処方されることになります。
 
通常、避妊のために用いられる低用量ピルのパッケージは、「21日分」もしくは「28日分」のシートです。1日1錠、生理の開始日から決まった時間に服用します。21日分がワンセットの場合は、飲み終わったら、その後の7日間服用を中止します。そして8日目から次のワンセットの服用を開始します。28日分がワンセットの場合は、最後の7日分は偽薬です。これはピルの服用を習慣化させるための措置で、この偽薬を服用しなかったからといって問題が起きることはありません。
 
ピルには2種類の女性ホルモンが含まれています。ひとつは黄体ホルモン。黄体ホルモンは、通常、排卵後に増加するため、脳がホルモンの状態を考慮して、その後排卵が起こりません。もう一つは卵胞ホルモンです。卵胞ホルモンも、黄体ホルモンと同じように、脳をだますことで排卵を抑制します。
 

ピルの始め方3種類

ピルの服用を始める場合、3種類のバリエーションがあります。どの服用方法でも、1日1錠、同じ時間に服用という基本は変わりません。
 
クイックスタート
生理の日とは関係なくピルの服用を始める方法です。避妊の効果は約1週間で現れます。思い立ったが吉日。次の生理は待てないという人におすすめの服用方法です。飲み始めから1週間はコンドームを使うことを忘れずに。
 
サンデースタート
生理が始まったら、その生理中の日曜日からピルを服用する方法です。この服用方法の特徴に、土日に生理が来ないことが挙げられます。1日1錠同じ時間に服用するのは他の方法といっしょです。服用を開始したその日から避妊効果がありますが、服用し始めはコンドームを併用することをおすすめします。
 
デーワンスタート(デイワンスタート)
生理の初日にピルを飲み始める服用方法です。生理が始まって24時間以内にピルの服用を開始します。服用を開始したその日から避妊効果が得られますが、服用し始めは慎重に。1日1錠同じ時間に服用します。
 

低用量ピルの種類

低用量ピルには3種類あり、それぞれ女性ホルモンの配合比率が違います。服用に際しては、必ず医師と相談の上、処方してもらいましょう。
 
1相性
1相性の低用量ピルは、ホルモン量に変化がなく、どの錠も同量のホルモンを含有しています。
 
2相性
2相性の低用量ピルは、2段階で黄体ホルモンの量が増えます。
 
3相性
3相性の低用量ピルは、3段階で黄体ホルモンの量が増えます。


東京でピル処方の病院ならケイ・レディースクリニック新宿

東京のアフターピル処方病院

モーニングアフターピル



 

新着ページ